視力回復目薬ミドリンの注意点

子供,視力回復,ミドリン,目薬

 

子供が視力検査に引っかかって病院にいくと、まずはミドリンという目薬を処方される場合が多いです。

 

視力検査に引っかかって処方される目薬なのですから、当然ながらミドリンは視力回復のための目薬だと思いますよね。しかし、実際には検査用目薬なんです。本来は、眼底検査で瞳孔を開くために用いる物で、副交感神経の働きを抑えて瞳を大きく開くように作用するのです。

 

それがどうして子供の視力回復治療に用いられるのかと言うと、目の緊張状態を解く効果があるために、近視改善につながるとされているのです。

 

人間の目は、近くにピントを合わせる際に毛様体筋を伸ばして水晶体を厚くするのですが、近視の人は毛様体筋が伸びすぎてしまっています。そこで目薬をさすことで、一時的に筋肉の緊張がとけて水晶体の厚さを調節でき、遠くを見ることができるのです。子供の毛様体筋は大人と比べるととても柔軟なので、ミドリンを処方して強制的に元の状態に戻すことによって、視力回復が見込めるとされています。

 

しかし、ミドリンには副作用があり、小さい子供の場合は特に注意が必要なのです。それなのに、病院では視力回復以外のことは特に説明されることがなく、異常があったら診察に来るように、としか言われない場合が多いことでしょう。

 

この目薬は強制的に瞳孔を開かせるので、寝る前にさすだけなら問題ないのですが、昼間にさしてしまうとまぶしくて目を開けられなくなります。
また、眼圧が上がるため頭痛が出ることもあるようです。

 

もしこの目薬で子供の視力回復ができても、普段の生活の中に視力低下を招く事態が潜んでいれば、再び視力は悪くなる可能性が高いです。


小学生でも簡単にできる視力回復方法「アイトレーニング」

子供は視力が低下してしまったことを、自分から言うことはないでしょう。自分の視力が低下していることに気付くには、小さな子には難しいことかもしれません。しかし、なるべく早いうちに親が気づいて回復させてあげたいですよね。小学生のうちなら、まだ間に合うはずです。

 

アイトレーニングという視力回復方法なら、小学生でも継続してトレーニングを行うことができるでしょう。トップアスリートが実践している方法で、2か月もあれば視力回復が望めるのです。

 

アイトレーニングのおかげで、10年間に2098名の子供たちが0.8以上に視力を回復させているそうです。小学校高学年の子だけでなく、低学年の子でもできる視力回復方法なので、安心です。

 

眼科で目薬を処方された、ワックを行ったことがある、サプリを摂取している、ピンホールメガネを使っている、3D絵本を利用している、といった経験のある小学生のお子さんもいるでしょうが、視力が回復できたという人は意外と少ないかもしれません。

 

上記の方法で視力回復ができなかったという小学生のお子さんでも、アイトレーニングの内容を実践することによって、自宅で視力アップが望めます。正しい方法で、眼科に通うことなく楽しくトレーニングできるのです。

 

アイトレーニングの視力回復方法は、1日13分の時間を要し、ヒモとビーズを利用するだけです。視力回復ができるだけでなく、トレーニングを続けることで視力低下を防ぐことも可能なのです。