視力回復に効果のある食べ物

視力回復,方法,食べ物,自宅,トレーニング

 

視力回復方法のひとつとして、目に良い食べ物を摂取するという方法があります。しかし、本当に食べ物などで視力回復が可能なのかと、疑問に思いますよね。

 

視力回復方法のために摂取したい食べ物というのは、目の調節機能を引き上げてくれる効果を持っている物です。視力の低下は、毛様体筋というピントを調節してくれる筋肉が凝り固まったことによって起こるからです。

 

ブルーベリー

まず、ブルーベリーは視力回復に効果があることでよく知られていますね。ブルーベリーにはアントシアニンが含まれており、これが眼精疲労を回復してくれるのです。

 

カシス

カシスにもアントシアニンは含まれています。ちなみに、近視の進行を防ぐ効果もアントシアニンにはあります。

 

アスタキサンチン

アスタキサンチンという成分も視力回復に効果があることで知られていますが、この成分は鮭、いくら、カニ、金目鯛といった魚介類や、オレンジ色の食品に多く含まれています。アスタキサンチンは目の神経に働きかけ、眼精疲労を回復されてくれます。

 

カルシウム

大豆製品、小魚、海藻類、緑黄色野菜といったカルシウムが含まれた食べ物も視力回復が望めます。カルシウムは神経系の伝達を良くするので、目の奥の強膜の機能を保ってくれるのです。

 

ブロッコリー、ほうれん草、ケール

ブロッコリー、ほうれん草、ケールには、紫外線のダメージから目を守ってくれる働きがあります。水晶体や網膜の酸化を防止したり、白内障、飛蚊症、黄斑変性症といった病気の予防にもなるのです。

 

このように、目に良い食べ物は色々ありますが、視力回復方法としては長時間一定場所を見ない、悪い姿勢で近くの物を見ない、といったことも重要です。

 

また次にあげる自宅でできるトレーニング法などを実践してみるのも良いでしょう。


自宅でできる視力回復方法なら「アイトレーニング」

田中勤也さんによる視力回復トレーニング方を実践できる「アイトレーニング」は、自宅にいながらお子さんの視力を回復させることができる教材です。もちろん大人が行っても効果があります。

 

この教材があれば、レーシック手術を行わなくても、眼鏡やコンタクトが不要な生活を送ることができるようになるのです。視力矯正をしないと日常生活を送れなかった人でも、この教材のおかげで0.8にまで視力を回復させることに成功しているのです。

 

この視力回復トレーニングは、決して難しいものではありません。付属のビーズが通されたヒモを使って、自宅でトレーニングを行うのです。ヒモをピンと伸ばした際、それぞれ違う距離に位置するビーズを指定された順番に見ていくといったトレーニングを行います。

 

他にもいくつかのトレーニングを行いますが、時間はたったの13分なので、自宅でも気軽に行うことができるのです。また、大人のように集中力が長く続かない子供でも、毎日視力回復トレーニングができることでしょう。

 

アイトレーニングには180日間返金保証がついていますし、3か月無料メールサポートなどもあるので、不明点などを質問することができます。視力チェック表に目に良い食品表といったものも付いてくるので、トレーニングをより効果的に行うことができるでしょう。

 

この視力回復トレーニング法は、プロのスポーツ選手も取り入れているものなので、高い効果を期待できます。眼科に通院することも、サプリメントなどを買う必要もなく、自宅で続けていけるのでおすすめなのです。