子供のための視力回復トレーニング「アイトレーニング」

視力回復,トレーニング,子供,アイトレーニング

 

子供のための視力回復トレーニングである「アイトレーニング」は、1日13分の時間を使ってトレーニングをするだけで、なんと2か月で視力が回復するというものです。

 

自宅で簡単に行えるトレーニングで、0.3にまで落ちてしまった子供の視力も、0.8というメガネがいらない視力にまで回復させることが可能なんです。

 

この視力回復トレーニングのおかげで、6年間に987名もの子供が視力回復を遂げているのだそうです。

 

子供の視力が悪いのは親の遺伝だから仕方がないと、あきらめている人もいるかもしれません。これまでに目に良いとされるサプリを摂取させたり、眼科で視力回復トレーニングを行ったり、目薬をさしたりしても、効果がなかったという人もいることでしょう。

 

小さな子供のメガネというのは、体育の時間や遊んでいる時などに怪我をする原因にもなるかもしれないので、裸眼で過ごさせたいと思うかもしれません。しかし、メガネがないと生活できないほど視力が落ちていては、どうしようもありません。

 

しかし、この視力回復トレーニングは、プロのスポーツ選手も取り入れるトレーニング方法なのです。子供でも簡単に行えるものですし、続けるのは難しくありません。

 

幼い頃に重度近視になってしまうと、いずれは網膜剥離、緑内障といった眼病を患ってしまう可能性も出てくるので、手遅れになる前に視力回復トレーニングをさせてあげた方がいいのです。

 

「アイトレーニング」には無料メールサポートという特典もつくので、子供の視力回復で困ったことがあれば、質問をすることもできます。


田中謹也(視力回復トレーナー)

 

アイトレーニングの著者である田中勤也さんは、視力回復トレーナーです。アイ・トレーニング視快研 小牧店にて、公認のインストラクターを務めているのです。

 

アイ・トレーニング視快研 小牧店は、平成15年にオープンしました。このクリニックで、これまでに2087名以上のお子さんが視力回復に成功したのだそうです。

 

視力回復,トレーニング,子供,アイトレーニング

 

田中勤也さんは、9割以上のお子さんの視力を、0.8以上に回復させることに成功しているのです。これまでに様々なトレーニングをしたけれど視力が回復しなかったというお子さんも、田中勤也さんの元に通うことで、視力回復を実現させているのです。

 

田中勤也さん曰く、幼い頃からの重度の近視は、日常生活に支障が出るだけではなく、将来的に網膜剥離や緑内障といった眼病にも繋がる可能性があるので、早いうちから対処が必要なのだそうです。
田中勤也さんのトレーニング法は、レーシックのような手術などは一切行いませんし、投薬もありません。安全な方法で、視力回復を目指すことができるのです。

 

多くの親は、「近視は遺伝」とった間違った知識を持っているために、気づいた頃にはお子さんの視力が低下してしまっているのだそうです。また、「うちの子は大丈夫だろう」という油断もしていることが原因です。

 

小学校高学年のお子ならともかく、まだ小さいお子さんは、自分で自分の視力が落ちたことがわからず、それを親に告げることがありません。そのために、気づいた時にはすでに視力低下が進んでいるです。

 

田中勤也さんのトレーニング法なら、進んでしまった近視でも、回復できる可能性が高いのです。